医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2020/01/30
令和2年度予算案、医療費12.2兆円、介護3.4兆円

 令和2年度の予算案が閣議決定されました。今回はこのうち、厚生労働省所管の内容に注目します。

 厚生労働省の令和2年度の一般会計の予算案は、前年度を10,220億円(3.2%)上回る329,861億円でした。そのほとんどが社会保障関係費で、令和2年度は前年度を10,494億円(3.3%)上回る、326,323億円を計上しています。

 令和2年度予算案における医療・介護分野での重点事項のうち、消費税率引上げに伴う社会保障の充実として予算案が提出されているものについて、以下にピックアップします。なお、( )内は令和元年度当初予算です。

地域包括ケアシステムの構築等
  • 診療報酬改定における救急病院の勤務医の働き方改革への特例的な対応 88億円 ※公費126億円
  • 地域医療介護総合確保基金(医療分)による勤務医の働き方改革の推進 95億円 ※公費143億円
  • 保険者の予防・健康づくりの取組強化(介護保険保険者努力支援交付金の創設) 200億円
健康寿命延伸、感染症・がん・肝炎・難病対策等の推進
  • 保険者の予防・健康づくりの取組強化(国保・保険者努力支援制度) 1,412億円(912億円)
医療・福祉サービス改革による生産性の向上、Society5.0の実現に向けた科学技術・イノベーションの推進
  • マイナンバーカードの保険証利用の環境整備 768億円


 詳細は、以下をご参照ください。


参考:

 厚生労働省「令和2年度厚生労働省所管予算案関係


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

なかむら社労士事務所


〒901-2223
沖縄県宜野湾市大山
6丁目25-12
明孝ビル201号
TEL : 098-890-7343